×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×日本HP シークレットギフトXの予想! 「シークレットギフトキャンペーン」より。

お久しぶりです。
今日はなかなか調べるのが大変だった、hp(ヒューレット・パッカード)のシークレットギフトキャンペーン。

これについて予想されているサイトはいくつかありまして、…いくつかあるのですが(特に言うべきことはなかった)
今回は「シークレットギフトX」なるものが用意されていて、多くのサイトで、「アレ」(HP Spectre x360)ではないかと話題を呼んでいるのです。

「いやーぜったいアレやろー」
「そんなはずないわ~M2って書いてあるじゃないのー」
「でもそういうPC売ってないぜー」
「むむ・・・やはりアレかも…。」

そういう会話が色んな所で繰り広げられているはず。
私もこの記事を読んだ時、「税抜き81,900円でアレが買えるなんて!」と一瞬、ぽちりかけましたが
まあ、税込み9万円なんて、大層な買い物ですから、ちゃんと調べてみたというわけです。

製品情報としてHPのページを引用している、ウインタブさんのページを引用させて頂きます。

ヒントとして

・360度回転型の2 in 1
・タッチパネル
・色はシルバー
・13.3インチ
・Core i5/RAM8GB/256GB SSD
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#
というのがあります。また、「ご購入はこちら」のボタンを押してみると、

・ナチュラルシルバー
・「第7世代」プロセッサーCorei5
・ 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ
・256GB SSD (SATA M.2接続)


これって、相当優秀な性能で、たとえアレ(HP Spectre x360)じゃなかったとしても、なかなか良いもんだなーと、そう思うわけです。しかし、そんな不確定情報にまかせて9万円を使うなんてー。どうしても256GB SSD (SATA M.2接続)というのが気になる!!そこでtwitterとかで調べたり、なんやかんやしておりました。すると…

【楽天プレミアムモデル】シークレットモデル ノートパソコン 新品(Windows 10 Home/第7世代インテル® Core™ i5-7200U/8GBメモリ/256GB SSD)

価格:88,452円
(2017/5/1 22:46時点)
感想(2件)




…!(これだ!)
……!!(バッテリー8時間半意外といいかもしれない…。)
……!!!(なんか貴重なレビューあるんですけど!)

そういうわけで、楽天のレビューから辿っていって…
(幸いにも、「この製品ではないか」と予想して下さっていた方がいましたので!100回拝みました。)

HP Pavilion x360 13-u117naにようやく、たどり着きました。
製品ページを見る限り、まさしくこのスペックですね。
1.58kgとなると、そこまで軽くはないので、想定されるのは家の中の部屋から部屋とか…程度の移動でしたら十分な携帯性を発揮しそうです。性能はとても良い◎

HP Pavilion x360 13-u117na製品ページはこちら。
c05077751.png


定価750ポンド=11万ぐらいと書かれているので、2万円程度の値引きですね。
なお、楽天のほうは88,452円 (税込)のため、税込み91000円ちょっとの公式HPよりは安く購入できます。

【楽天プレミアムモデル】シークレットモデル ノートパソコン 新品(Windows 10 Home/第7世代インテル® Core™ i5-7200U/8GBメモリ/256GB SSD)

価格:88,452円
(2017/5/1 22:46時点)
感想(2件)




以上!
スポンサーサイト

×Huawei P9 LITE購入。Ascend P7と比較しながら細かいところレビューしてみる。

こんばんは。突然ですが,Huawei P9 LITE を購入しました。

V820wCHが壊れて,もうこれは新しいのを買うしか・・・と覚悟していましたが
無事治ったので(前記事参照)お金が浮きました。笑

だとすれば,P9 LITEを買うしかない!(謎の論理)
夜中のテンションに任せて購入ボタンをぽちっと。
本日届きましたので簡単なレビューをしたいと思います。

HUAWEI SIMフリースマートフォン P9 lite ゴールド VNS-L22-GOLD 【日本正規代理店品】

新品価格
¥28,900から
(2016/7/18 18:57時点)




ちなみに僕はAscend P7歴1年2か月程度です。ということで,P7と比較しながら色々書いてみたいと思います。
先に言っておきます。価格と携帯性以外のほとんど全てにおいて,P9LITEが勝っています。

まとめると,
・指紋センサーさいこー
・カバー最初から付いてる!
・UIはこれまでと変わらずさいこー
・時計(アラーム),ボイスレコーダー,音楽アプリとかスタイリッシュに
・カメラが超絶素晴らしい
・レスポンスいい
・イヤホンがいいやつになった
・スピーカーは中の上ぐらい

では,続きを読む からどうぞ→↓
続きを読む

×Windows10スタートメニューが出ない(開かない)場合の対処法(2016年7月)→更新で治りました。

Windows10でまた,スタートメニューが開かなくなりました。

Googleで検索すると,様々な方法(たとえば,コマンドプロンプトで入力するとか)が紹介されていますが,
どれもうまくいかない。これはもしかしたら更新で変なことになったか・・・?と思い見たところ・・・
Windowsキー+I キーで設定画面を開きます
無題

更新がありました。たしかx64の累積的更新なんちゃらだったはずです。
もし,これでダメな方は最終手段の「回復」をしてみて下さい。
aa_20160716121517911.png

僕の場合はこれで改善しました。
試みにtwitterで「スタートメニュー」と検索してみると,13日の時点でスタートメニューが動かない旨のツイートがいくつか見られたので,更新によるエラー(しかも,致命的ですねこれ)の可能性が高いです。

×できた!!ONDA V820W CHをWindows10シングルブート化!


ついに、 つ、つ、ついに、、、
V820WCHが、復活しました!!!!!
人間、諦めなければなんでもできるのですね!

P7090010_R.jpg

Wifi Bluetooth タッチパネル 加速度センサー と、すべて正常に動いています・・・。ただしブルースクリーンが時々出ます。
「system thread exception not handled」というもの。ディスプレイドライバいじってみますか?対処出来たらエントリーします。
Androidは消えてしまいましたが、もともと消すつもりでしたので問題ないでしょう。

まずは今回の記事までの流れを説明させてくださいませ。

はじめは軽い気持ちでWindows10側から初期化してみました。すると、突然のフリーズ。ここからすべては始まりました。「回復」ボタン押すのがこわい(トラウマ)

●完全に文鎮化してしまったのでOS入れなおすしかない!ということでRemix2.0入れてみる→BTとWifiうごかん→Remixの内部的な問題だと分かるがLinuxで色々弄るの面倒なのでやめる

●メディア作成ツール使ってWin10の64bit版を入れる→OTGケーブルでマウスとキーボード繋ぐも機能しない(絶望の1週間)
これはOTGケーブルが断線していることに気付く

●OTGケーブルを交換して、再チャレンジ。一応この状態で「ただのPC」になりました。笑
ONDAの公式ドライバーやDouble Driverで吸い出したという方のドライバー,自分の持ってるV975Wのドライバーなどを試してみましたが全て×

いろいろな方法を試して全て失敗しまくり、禿げるかと思いました。このタブレットって、shellがx64ですがもともと入っているのが32bitとかで、よーわからんのですよ。ドライバも、その辺からとってこれるものは64bit対応してませーんとかいって適当にエラー吐いたり。やだねもう。

V820W CHの初期化によるトラブルでお困りの方のために、そして自分の備忘録のために方法を残しておきます。
ちなみに、日本ではあんまり広がっていない?ようですがV820W CHにはバージョンがあります。V1 V3 V5とかあるかな。確か。
タブレットの裏面を見て下さい。S/Nの9桁目と10桁目。私はV1です。
P7090011_R.jpg

結論から申し上げますと,「V820W CH DUALOS Windows10(TH2)系统镜像-20160129」を使いました。
win10PE_th2_x64.isoが入ってるやつ。つまり64ビットwindows10です。

やり方。8GB以上のUSBが必要です。USB3.0をお勧めします。NTFSか何かでフォーマットしておいてください。
①UltraISO_v9.5.2.2836.exeを管理者権限で開く 文字化けしまくってるけど気にしない
②左上のフォルダの絵が描いてあるボタンで「win10PE_th2_x64.iso」を開く
③メニューバーの「ニ・ッ(B)」というところの 上から4番目のやつを選ぶ
④「硬・・・器」みたいなやつのドロップダウンからUSB選ぶ
⑤「エエスィニ・・・」とかいうところにチェック入れる
⑥「ミエネ」を選んで「はい」を押すと、システムの書き込みが始まる
 ※「クロスサッ」というのがフォーマットです(Windows標準のフォーマット画面出ます)
⑦終わったら「キオサリ」=「閉じる」を押す。
⑧UltraISOを閉じる。 Windowsボタンを右クリ→ディスクの管理→USBの空いてるパーティションを右クリックしてNTFSでフォーマットしなおす。また,この時のパーティション名は「WINPE」(この時点ではFAT32でフォーマットされてるはず)
⑨OTGケーブルを使ってV820WCHに接続し、有線キーボードつなげてESC押しながら起動 BIOS画面へ
⑩Boot from Device でUSBからブート。
あとは流れに従って!

この方法はフォルダ内の「【必看】Win10系统安装教程-V820W CH(insideBOIS).doc」にも書いてあります。中国語で。
気になる人はそちらも読んでみて下さい(Google翻訳しよう)

BootUSBを元に戻すには、Rufus2.9とか使って フォーマット設定を「クイックフォーマット」のみにすればいいのではないでしょか。僕はそれでやってます。

残すところ敵は・・・この程度なんとかなりそうですね(続く)
P7090013_R.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。