×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×ネット競馬の特徴

ノリにのってきたので,もう1エントリーします。

 

これからここ3日間の自分の投票について少しずつ考えていきたいと思います。前記事に書いたように,競馬を始める前まで

これまで私は競馬=宝くじ並みのギャンブルだと思っていました

僕の楽天競馬デビューとブログの目的 - 誘導馬かわいい!

 が,そうではないということが分かったというのが1日目の進歩でした。思っていたよりも高尚な趣味でありました。浅草でストリップを初めて見た時・・・ほどはないですが,そんなカルチャーショックでした。

 

さて,気を取り直して。ネット競馬をやって3日,次のような実感を持ちました。

①意外と,予想が当てになる。

殆どレース前,他人の予想の話。最初は,予想を信じていましたが,外れるようになってから段々信じなくなって「目利きが勝負や」とか言ってたら調子良さそうに見えても人気馬が次々勝つもんだから,意外とみんなの予想も悪くないな,と思うようになりました。 

 

②反対に,予想であまり人気がない馬にも勝つ可能性がある。

これにはレース前+パドックや返し馬での馬の状態の目利きといった自身の分析力が関係してくるなということです。たとえば,タイムだけ見ると意外と勝てそうでも,人気馬には何か,訳があるということです。その辺のお馬さん事情にあまり詳しくないので,いわゆる「穴場」を中々狙っていけない今日この頃。

 

③金銭的にも時間的にも手軽にできる。(100円からできるし)

これは明らかにメリットだと感じています。地方競馬なら,ほぼ毎日やってるような感じなので,やりたいときにできます。ただし,やり始めると終わらないのがギャンブルです。毎日17時ぐらいで終わるという保険はついています(笑)

 

ある程度人気が分かるので,それに応じた戦略を立てることもできるし,馬やコース,騎手の知識もモノを言うから,そこに私は副業としての可能性を感じます。といっても,まずは失われた3000円(※前記事参照)を取り返さなければならないのですが。

 

勝ち馬がわかる競馬の教科書

勝ち馬がわかる競馬の教科書

 

 

 

関連記事

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。